☆’17/10/31 角聖子/ピアノで子供の「音楽力」「人間力」を育むレッスン法

講 師角聖子 >> 講師プロフィール
会 場伊藤楽器 イトウミュージックサロン船橋内メンバーズルーム(本店2F)
日 程【日 時】 2017年10月31日(火)
【時 間】 10:30~12:30
受講料【前 売】
一般
3,500円
PTNA会員
3,000円
PTNA船橋支部&伊藤楽器P.T.C会員
2,500円
【当 日】
上記金額の各500円増し(定員になり次第締切)
テキストピアノ曲集「ミロと森のピアノ」(音楽之友社)
※当日会場でも販売いたします。
申込みお電話で下記のイトウミュージックサロン船橋までお申込みいただくか、聴講申込書にご記入の上FAXください。

伊藤楽器イトウミュージックサロン船橋(ルナパーク船橋2F)
TEL:047-431-0111 FAX:047-432-7818

聴講申込書はこちら
後援一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会

概 要

絵本と楽譜「ミロと森のピアノ」を使って~ピアノが起こす小さな奇蹟を体験する

※以下大きく3つに分けて、演奏しながらレクチャーします。

  • 発表会の出しものとして、演奏させ演じてみよう
    ・先生がピアノを弾いて、子供たちに演じさせる方法
    ・曲単位で発表会に子どもに演奏させる方法
  • 言葉と音楽の相互作用を学ばせる機会にしよう
    ・よくしゃべり、語るように弾くコツ
    ・朗読と合わせるコツ
  • 単純に講師一人で演奏する場合の弾き方はどうしたらいいか
    ・「動物の謝肉祭」 「お願い、お月さま」 「きらきら星ファンタジー」など収録曲のそれぞれの弾き方
    ・音の出し方
    ・楽譜がまだ難しい弾き手にとってそれらしく聴かせる”音の減らし方”

「ミロと森のピアノ」は、2011年の震災後、子供たちに何か良いものを残したいとの気持ちで、絵と言葉と音楽の三つ巴となる、CD付き絵本を思い立ち、作ったものです(風間書房より出版)。そして、楽譜集には、その絵本に流れる曲の全てを収めました。

 

物語は―

弱虫で泣き虫の猿の女の子ミロは、森に捨てられていたピアノに出あうことで、たくましく成長していきます。ピアノを通して、友情を深め、嫌われもののオオカミのかたくなな心も溶かしていきます。ミロの心に私の心を重ねたとき、音楽に感動した初めての原風景が浮かびました。言葉・音楽・絵画。この3つの芸術は互いに影響し合い生かし合う存在。この絵本と楽譜を使って、ピアノの演奏力をつけていくとともに、子供の情操教育に役立てる方法を広めていきたいと思います。自分なりの方法が見つけられるに違いありません。