☆’19/6/5 内藤晃 / レクチャーコンサート ピアノでオーケストラを~音の色彩を生み出すマジック

日 程2019年6月5日(水)
10:30~12:30
会 場伊藤楽器 グランドピアノサロン北習志野
交通:新京成線・東葉高速鉄道 北習志野駅より徒歩15 分
新京成バス1・2 番乗り場より〈津田沼駅行き〉9:56 発、10:16 発、
〈習志野車庫行き〉10:01 発のいずれかで「習志野台3 丁目」下車、徒歩2 分
講 師内藤晃 >> 講師プロフィール
賛助出演:川上夢呼
受講料
(税込)
【前売】
一般:3,500 円 
PTNA 会員:3,000 円
PTNA 船橋支部&伊藤楽器P.T.C. 会員:2,500 円

【当日】
上記金額+500円(定員になり次第締切)
使用ピアノベヒシュタイン A-190 ヤマハ S3X
使用教材『ムジカノーヴァ6月号』(5/20発売)(音楽之友社)
※当日会場にご用意しております。
申込み
問合せ
伊藤楽器 グランドピアノサロン北習志野
TEL 047-466-0115 FAX 047-465-3109
〒274-0063 千葉県船橋市習志野台5-4-10

【お申込み方法】
こちらの申込書にご記入のうえ、お電話またはFAXにてお申込みください。

ムジカノーヴァ ピアノの先生応援セミナー/ピティナピアノセミナー

ピアノでオーケストラのような演奏がしたいと思っても、ピアノの音はピアノの音でしかなく、そこからオーボエやヴァイオリンの音は出てきません。しかし、そのような楽器の音の陰影や質感を、ピアノを弾くときのタッチの濃淡で相対的に表現していくことはできます。その意味で、ピアノの演奏は鉛筆デッサンとよく似ているのです。グレーの濃淡で絶妙な陰影を施された鉛筆デッサンが、見る人に白黒であることを忘れさせるように。
このレクチャーコンサートでは、ピアノというモノクロームな楽器で、色彩豊かなオーケストラをいかにデッサンするかを皆さんと一緒に考えます。それは、管弦楽的な発想で書かれたピアノ曲を弾くときに、作曲家の頭の中で鳴っていたであろう響きに迫る挑戦でもあるのです。

演奏曲目(予定)
バッハ:イギリス組曲第3番~プレリュード
ベートーヴェン:ピアノソナタより、
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20 番第1楽章
(2台ピアノ版/独奏:川上夢呼) 他